2020年東京オリンピック追加種目へ第一次審査通過について 

一般社団法人日本サーフィン連盟
理事長 酒井厚志
 
2020年東京オリンピックの追加種目に、「サーフィン」が第一次審査を通過したことは、大変光栄に喜ばしく思います。
 
IOCのバッハ会長は「若者に魅力的な種目の追加を期待する」と発表しています。
サーフィンは競技主体ではなく、若者に『遊び』として広まり、ファッションやライフスタイルの面でも支持されております。
そのことが、今回IOCの若者を重視する考え方にマッチしたのではないかと思います。
また、冬のオリンピックのスノーボードでの日本勢の活躍なども、サーフィンの審査通過へ繋がったと考えます。
 
ここ数年、世界ジュニアサーフィン選手権での日本選手の活躍には、目覚ましいものがあります。
毎年のように、日本選手が表彰台に上っています。
一昨年のニカラグアの選手権では、アロハカッブ(5人一チームのサーフィンのリレー競技)で日本チームは優勝し、金メダルを獲得しました。
5年後に控える東京オリンピックでは、ジュニアの選手が更に成長して活躍する事が期待出来ます。
 
まだ、1次選考通過です。追加種目と採用される為には、これからも大きなハードルがある事と思います。
当連盟としましては、より一層、内外にアピールする場を作り、
サーフィンをされている世界の人に、夢や希望を与えられるよう、気を引き締めて引き続き努めて参ります。

当店へのお問い合わせ

ファクトリー& SHOP

お電話  097-599-7373

営業時間

8:30~21:00(ファクトリー)

8:30~21:00(お店)  

※1、2、3月は

閉店時間20:00

店休日 日曜日